人に親切にすることで心が豊かになった実体験。

最近、生活をする中で自分に課された突然のテストのような出来事に遭遇します。先々週は仕事先で昼ご飯を取っていた際、ドリンクバーに行ってコーヒーカップを持って席に行こうとしたのですが、目の前に退店しようとしているベビーカーを押すご婦人の姿が!ドアが開けっ放しにならず、苦戦しています。「さて問題です!あなたはどうしますか?」というようなシチュエーションに迷わず、「あ、どうぞ」とドアを開けてあげてご婦人を外に出してあげました。大変感謝されましたが、こちらとしては何ともないこと。赤ちゃんかわいい位にしか思っていなかったのですが、コーヒーカップを持って再び席に着こうと入店。店員さんが「あれ?何で、この人、コーヒーカップ持ってるの?」と小首を傾げられてしまいました(笑)次に先週1週間、突発性難聴を患ってしまい、私は入院していました。めまいが酷く、右耳は全く聞こえませんし、平衡感覚もおかしかったのです。飲み物を求めて1階のコンビニへ。支払いを済ませて退店しようとすると目の前には、車椅子のおばあちゃんが一人でバックして店を出ようとしています。またもや、ここで「さて、あなたならどうしますか?」。正直な話、私は歩いてコンビニまで行きましたが足元はふらついています。極限状態の1歩手前で、また、この問いですか?勘弁してくださいと思いましたが、おばあちゃんを手伝い、私が車いすを押してあげました。神様が私に、どんな状態でも赤の他人にどこまで優しくできるのかを試されたかのようでした。見返りなんて考えず、自然に人に親切にできる人間になれたかどうか徹底的にテストされているのだと思います(笑)10年前、20年前に自分は同じことができただろうか?今は自然と親切にでき、感謝の言葉を述べられると心が豊かに感じられるようになりました。一人でも多くの人に、この心の豊かさが何よりも満足感を与えることであることを分かって欲しいです。キレイモ 料金