僕はラジオを消して座敷の電灯も落とし、その瞬間が回るのを待った。
センスの根こそぎを、来るべきその瞬間に備えてシャットアウトする。
本心同一。何事にも靡かないというのはほとんど厳しい物質だった。
待ち受ける心がまえ思いの丈。一秒一秒がコッテリような刹那の刻——。
これを悟りというのだろうか。
扉の方からバイクの響とサウンドとがほぼ同じタイミングで聞こえてきたのはその時だった。
「ただいま」
女房が帰ると同時に僕は肩の方法が三十都度くらい沈んであっという間に懸念から解き放たれた。
「鈍いって!何処行ってたんだよ!」
僕は女房に抱きついてしまった。
「すみませんすみません」
本人は人の考えも知らずにヘラヘラとやる。
「馬鹿野郎」
「怒んないでよ。それより、見た?」
女房の口振りは軽やかだった。
昨今まで青白かった面構えに生気が舞い戻り、どっか吹っ切れたような精悍な面持ちです。
これはもしかすると……。
「よもや?」
「コレ」
扉先の茶封筒を、女房は得意げに手にして上げ下げに振った。
「あぁ、そちら……未だに」
女房は冷静とやる。
僕たちはカップルして向かい合い2DKの和室に座した。
「じゃ、読んでみて」酵素サプリメント 販売店

仕事はパソコンでしているのですが、パソコンを設置している場所の都合上、夜になるとパソコンを置いている場所で仕事が不可になってしまいます。
夜になると、娘が勉強する机がパソコンの椅子を置きたい場所にやってくるので、夜はしぶしぶ作業中止するか、急ぎの仕事があるのであれば、
無理やり座るところを作って仕事をしていました。
しかし、だんだんお仕事の量が増えてきて、別の場所で仕事をしたいと思っていたら、iPadにWordなどoffice系アプリが要れることができると
知り、自分が既に持っていたiPadminiを探したのですが、既に小6の娘が、勉強用にと娘が使い込んで返却してくれなかったので、
自分のへそくりから新たに買うことにしました。
いざ家電量販店へお金を握りしめ買いに行ったのですが、iPadminiとiPadairで同じ容量で同一値段とわかり、むちゃくちゃ迷うことになりました。
iPadair2を買おうと思ったのですが、大きさが2パターンあるし、miniも捨てがたくどうしようと迷っていると、
iPadminiの4の一つ手前の3が1万円ほど安く在庫限りセールをしていたので、ケースなどを買うことを考えて、ついつい最新版ではない
在庫セールのiPadmini3を購入してしまいました。
買って帰っていざ仕事をしてみると、字が小さいのとキーボードが小さいので、ちょっと誤作動をさせやすいというのが弱点です。
これなら、iPadair2の大きい方を買えばよかったと後悔するのですが、へそくりが今千円しかないので、溜まってから買う予定です。
頑張ってお仕事して新しいiPadairを買います。