自転車通勤をしています。
蒲田の自宅から市ヶ谷の会社まで片道約17�q、約1時間ちょっとの道のりです。
昨日は、新橋で飲み会があったので、仕事終了後、新橋まで約4�q漕いで自転車で移動しました。
料理を堪能し(念のためですが、私は下戸なのでお酒は飲んでいません)、参加者に挨拶した後、自転車を漕ぎ始めました。
途中、ふと景色を見渡すと東京タワーがすぐ右にありました。
東京タワーを見ることは別に珍しくないのですが、こんな夜に間近で東京タワーを見るのは初めてでした。東京タワーはライトアップされていてとても幻想的でした。
時間は10時ちょっと前です。
頑張って漕いでも帰宅は11時を超えてしまいます。
明日の仕事を考えるとできるだけ早く帰りたい時間帯です。
早く帰らなきゃ、という気持ちもありつつ、こんな機会、滅多にないな、と思い、しばし自転車を止めて東京タワーに見とれてしまいました。
普段イラついていることが本当にどうでもよくなってきました。
こんなの自転車通勤ならではの体験だとつくづく思いました。

事情などの業者について育成しました。日本では、公害を防止し事情を保全しようとする人望の高まりを背景に、公害正解標準法(1967年頃)が制定され、1971年頃には環境庁(現在の環境省)が構築されました。再び、領域誕生が自然環境にどういう影響を及ぼすかを事前に考え・評価する事情アセスメント法(1997年頃)が制定されました。この動きの背景には、近年の事情特典の見解があります。今日、塵芥弊害など大都市・一生形式公害が深刻になり、都心で施術しきれない廃棄物が他の領域で処理されるなどの弊害が生じています。そのため、これらの弊害に取扱いし巡回形式世間の再生に対し、個別の貸し付け法や巡回形式世間設定マーケティング標準法(2000年頃)が制定されました。一方、地球温暖化やオゾン域の破損、酸性多雨、自然破損などの地球容積の事情弊害への正解も一番となっています。そこで、公害正解標準法を引き継いだ事情標準法(1993年頃)によって、地球事情の観点からの努力がおこなわれるようになりました。多少なりとも改善することを願いたいだ。酵素で痩せる